失敗のないマンション経営|立地は重要なポイントとなる

家

空き土地の有効活用

工事

有効活用には一番の方法

不動産を所有している場合、建物を持っている場合と土地だけを所持している場合があります。多くの不動産はバブルのころに建設された建物が多いのですが、あれから25年経過し、建物も古くなりつつあります。空き物件のまま放置するとたまり場や空き巣など危険が多いため、取り壊す事例も少なくありません。しかし土地にはそれなりの価値が残っているため、売り渡すのも得策ではありません。土地だけを有効活用する事例の一つに駐車場経営があります。駐車場は駐車違反の条例が厳しくなったころから人気が増加し、空き不動産を工夫して活用する事例の一つなのです。駐車場経営には、設置する費用が安く上がるというメリットがあるため、簡単に経営が行えるのです。

もとに戻すのも簡単

駐車場経営を行っている際は利用料金が収入となります。しかし本来の土地の利用方法とは異なる経営方法であり、本来の形で建物を建設する時期が到来したときに簡単に駐車場を解体して建物建築に当たることができるというメリットがあります。ほかの施設と比較しても運用性が非常に高いのです。しかしどこでも空いた土地であれば、駐車場にできるというわけではありません。せっかく設置しても利用者がいなければ、意味がありません。町中にあるなど利便性がなければ価値がなくなるのです。しかし、設置するにしてもその初期費用は安く収まるため、利用者が少なく失敗しても取り戻すことができる範囲であるため、難しく考える必要もありません。駐車場設置は一番の土地の有効活用なのです。