失敗のないマンション経営|立地は重要なポイントとなる

家

留守宅を有効に活用する

一軒家

安全性と経済性を考慮

転勤や海外赴任などで家族と一緒に引っ越すことになった、介護のため親と同居することが必要になった、などといった場合に課題となるのがそれまで住んでいたマイホームの扱いです。ほんの2、3か月程度ならそのままにしておいても構いませんが、年単位の長期にわたるような場合は防犯面等で心配です。また固定資産税の支払い等を考えると、住居関連費が二重にかかってしまうこととなり不経済です。こんなときに有効な選択肢となるのが、留守宅を賃貸住宅として利用するという手法です。居住者がいれば家が荒れてしまうのを防ぐことができますし、ローンの返済がまだ残っている場合は家賃収入をそのまま充てることができ、家計の助けにもなります。

空き家問題の解決にも

マイホームを一時的に賃貸住宅として利用する場合に便利なのが、リロケーションというサービスです。リロケーションとはオーナーの委託を受けて留守宅の管理を手がける不動産関連サービスです。遠方にいて目が届かないオーナーに代わって大切な資産を守り、適切に運用します。リロケーションサービスでは、入居者の募集から日常的な管理、家賃の収納、トラブル対応に至るまですべて一任することができます。留守期間の急な延長や短縮などにも対応し、解決策をアドバイスしてもらえます。近年では、相続したものの利用するあてがないまま放置している住居などの存在が、いわゆる空き家問題としてクローズアップされています。リロケーションサービスでは、こうした住まいの有効活用も提案しています。