失敗のないマンション経営|立地は重要なポイントとなる

家

インカムゲインで投資

不動産

支払はローンが基本

不動産経営は不動産投資の中で定期収入を得ることを目的としたインカムゲインのことであり、物件を購入し長く賃貸運営することで家賃収入を得る運用方法です。不動産投資では、このインカムゲインのほうが主流になっています。株などの投資と比較して安心して投資を続けることができるのが魅力です。しかし簡単に不動産経営をスタートすることができない理由はその購入金額です。数千万円の初期投資が必要なり場合によってはローンを組むことになります。そこまで巨額な投資を行って果たして安心して経営を続けていけるのか心配になるものです。失敗が許されない以上、確実要素が必要なります。そのため、だれでも簡単にスタートできないことがネックになっています。

手数料が高いことが特徴

実際に不動産経営を行っている人の物件購入方法は、ローンを組む人がほとんどです。物件価格の1割程度の頭金を準備する必要はありますが、数百万円の物件を購入するのであれば数十万円の資金で始められるため、資金に関しても敷居は低くなります。物件はより安く購入することがポイントです。支払金額が減るだけでなく、家賃収入が同じであれば、利益収入も増加します。単月で大きな差でなくても数年、数十年単位で考えれば、大きい差になってきます。そのため物件の金額にはシビアになる必要があります。特に不動産経営は手数料がほかの投資と比較して高めです。利益が手数料を下回ることのないように利益管理をしっかりと行ったうえで物件購入することがコツです。